4歳の息子が今一番ハマっている絵本をご紹介!絵本を楽しもう!

5 min 75 views


こんにちは、今回はうちの息子(当時4歳)がハマっている絵本をご紹介させていただきます!

今回ご紹介する絵本は息子が3歳のときからお家にあった絵本でした。

当時3歳だった息子はあまり読みたがらなかったのに、1年後の4歳になった息子が「今日もこれ読んで!」っと何度も伝えてくることに、筆者はとても喜びを感じることができたので今回ご紹介しようと決めました。

子どもとの絵本を読む時間はとても幸せで、大切なひとときですよね。

そんな大切な時間は必ず大人になっても、子どもたちの記憶に残っていると信じています。

お子さんの年齢や発達の段階によって、子どもが読みたがる絵本や好んで読む絵本は違ってきます。

絵本はいっぱいあって何を読を読んであげようかな?
と悩んでいる方も多いと思いますのでぜひ、今回ご紹介する内容を参考にしてみてください。

子どもの成長はひとりひとり違うので、その子どもにあった一冊を選んであげたいですよね。

筆者

筆者

4歳息子が気に入ってくれた、今回ご紹介する絵本をぜひ手に取ってお子さんと楽しんでいただければ嬉しいです。

寝る前の絵本週間について

はじめに、我が家の寝る前の絵本週間についてご紹介させていただきます。

我が家では子どもたちが夜寝る前に
「寝るよ〜、消灯です〜、絵本選んでね!」っと電気を消し、

小さな灯りをつけて、子どもたちに自ら絵本コーナーより自分が読みたい絵本を選んでもらって読んでいます。

そうすると、子どもたちは大急ぎで絵本を選び出すのです。
その姿を見ると絵本を読んでもらうことが大好きなんだなと感じます。

私の子どもはお兄ちゃんと妹の二人いて、ふたりともジャンケンができるようになったので
「ジャンケンしましょ!勝った方の絵本を先に読みます!」っと言って

楽しく遊びながら、喧嘩しないように読む順番を決めています。

ご兄妹がいる場合、誰の絵本を先に読むのかで喧嘩したりしませんか?
そんな方は、今回ご紹介した方法を参考にされてみてください。

兄妹で喧嘩をせずに仲良く絵本を読む順番を決めることができますよ。

4歳の息子が1週間連続で選んだ絵本

息子に絵本を選んでもらう中で、一年前は全く興味を示さなかった絵本

おおきなクマさんとちいさなヤマネくん<あめのもりのおくりもの>

という絵本を1週間連続で選んできたので私は驚きました。

昔、絵のタッチや柔らかな表現が好きで私が「これ読もうよ!」と息子にお願いしても

「え〜、こっちがいい」と当時はあまり興味をしめさなかったのに、

最近いきなり「やまねくん可愛いよね〜、これ読みたい」「今日もこれ!」「今日もこれ読みたい!」と

続けて読みたがっていたので、私は驚き、そして同時に喜びを感じました。

この子の「心」が成長したんだ!っと感じることができたからです。
息子の感性が成長して、ストーリーを理解して楽しむ力が付いてきたのだと実感しました。

筆者

筆者

子どもの成長を感じることができるって、とても嬉しいことですよね。

絵本に感謝

子どもの成長は、みんなバラバラでデコボコです。

そんなデコボコが大きめなうちの息子(当時4歳)が、楽しんでくれいている絵本

「おおきなクマさんとちいさなヤマネくん<あめのもりのおくりもの>」に感謝です!

「おおきなクマさんとちいさなヤマネくん<あめのもりのおくりもの>」は
絵のタッチもとても柔らかで美しく、見ているだけで、読んでいる私も一緒に楽しめる絵本になっています。

また、登場人物のヤマネくんとクマさんがとても可愛く、
ストーリーもヤマネくんとクマさんの友情が描かれている心暖まる絵本なので、とてもおすすめです。

当時4歳の息子は「ヤマネくん可愛いよね!」とヤマネくんおし!

当時2歳の娘は絵本を読もうとするとまず立ち上がり「クマさん!」と言って、
クマさんの走る真似をやっているので多分くまさんおし!

筆者

筆者

子どもと楽しみながら読んでいただける一冊なので、ご自宅の絵本シリーズにぜひ加えてみてください。


さいごに

この記事では、4歳の息子が1番ハマっている絵本について詳しくご紹介させていただきました。

絵本は子どもの成長をダイレクトに感じることができる素敵なツールの一つです。
ぜひ、今回ご紹介した内容をご参考にしていただき、おうちの一冊に加えてみてくださいね。

筆者

筆者

皆さんも、子どもとの大切な絵本タイムを楽しめますように!

絵本選びに悩んだら

・絵本はたくさん合ってどれを選べばいいんだろう?
・選ぶ時間や買いに行く時間がない・・・。
・年齢に合った絵本は?

筆者

筆者

絵本選びに悩んだら、絵本の定期購入サービスもおすすめですよ。

WORLDLIBRARY Personal(ワールドライブラリーパーソナル)の絵本の定期購入サービスでは、毎月子どもの成長に合わせて世界30か国以上から選び抜かれた絵本を届けてくれます。

絵本の定期購読を利用することで、定期的に新しい絵本が届くので、子どもの読書をする習慣にも繋がり、毎回楽しみながら新しい世界を発見することができます。

また年齢に合った本を厳選して届けてくれるので、親や保護者は絵本選びから解放されますね!◎

WORLDLIBRARY Personalは、「グッドデザイン賞2020」を受賞しています。
子どもが夢中になるしかけ絵本も届くとあって大人気です!

世界の絵本を読むことで、異なる文化とふれあえる機会となり、子どもは世界の多様性を理解することができるでしょう。ぜひ、お子さんの素晴らしい思い出や体験を作ってみてあげてみてください。

また、世界のおしゃれな絵本が多いので、お部屋に飾っておくととても素敵な空間を作ることができますよ。

筆者

筆者

忙しいママにはとても嬉しいサービスになっていますので、ぜひ試してみてくださいね。

▼WORLDLIBRARY Personalの絵本の定期購入サービスを試してみた方はこちらから!

Nozomi

Nozomi

Nozomiといいます!
2児(息子♂5歳・娘♀3歳)を育てるワーママが運営しているブログです。子育てに役立つ情報・実際に使ってよかったアイテムなどをメインに発信しています。少しでもみんなのお役に立てれば嬉しいです!

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA