マタニティフォトいつ撮るの?おすすめアイテムや撮影ポーズは?マタニティフォトについて詳しく解説!大切な思い出を残そう!

23 min 77 views

皆さん、「マタニティフォト」ってご存知ですか?
マタニティフォトとは簡単にご説明すると妊娠期の大切な思い出を写真に残すためのイベントです。

近年、日本でも人気を集めています。

・マタニティフォトはいつ撮るの?
・どこで撮影するの?
・衣装やポーズは?

いろんな疑問をお持ちの方も多いとですよね。

そのため今回は、妊娠期の大切な思い出を写真に残すための、マタニティフォトの魅力やメリット、撮影時期、ポーズや衣装の選び方、撮影場所やおすすめアイテムなど、マタニティフォトについて詳しくご紹介していきます。

筆者

筆者

筆者は実施に撮影してみてとても楽しい思い出になったので、ぜひ記事の内容をご参考にマタニティフォトを撮影されてみてください。

マタニティフォトとは?

マタニティフォトは、妊婦さんならではの美しい姿や、妊娠期の特別な瞬間や感情を思い出として写真に残すための撮影スタイルです。

このスタイルは海外で始まり、日本でも徐々に広がって来ました。

これらの写真は、お腹が大きくなっていく様子や妊婦さんの笑顔、家族の喜びなどを切り取ってくれます。
マタニティフォトを通じて、妊娠中の美しさや幸せを表現し、後で振り返ることができるのです。

撮影した写真は、家族や友人と共有するだけでなく、将来子どもに見せたり、家族で振り返ったりすることで、大切な思い出として共有できるでしょう。

筆者

筆者

子どもが大きくなって「ママのお腹の中にいたんだよ」っと一緒に懐かしめますね。

妊娠期間は特別な時期であり、その美しさや喜びをマタニティフォトで記録することで、より特別なものになります。

マタニティフォトの利点

マタニティフォトを撮影することには様々なメリットがあります。

まずは、妊娠期は女性にとって特別な時間であり、その時期にしかない美しさや輝きを写真に残すことで、妊娠期の大切な思い出を記録することができるでしょう。

また、生まれてくる赤ちゃんが、自分は家族に愛され、のぞまれて生まれてくるのだと感じてもらう素敵な時間になります。さらに、子どもが成長した際に写真を見せることで、家族の絆を感じることができるのです。

以下に、おもなマタニティフォトの良さをまとめています。
メリットを理解していただき、マタニティフォトの撮影をご検討してみてください。

貴重な思い出を記録する

マタニティフォトは、妊娠期間の特別な瞬間や感情を記録するのに最適です。
お腹が大きくなる様子や妊婦さんの幸せな笑顔を写真に残すことで、後で振り返ることができます。

妊娠期の美しさを引き立てる

妊娠中の女性は美しいですが、その美しさを写真に残すことでさらに引き立ちます。
マタニティフォトは、妊娠期の特別な魅力を捉えるのに最適です。

家族や友人との共有

マタニティフォトは、家族や友人との共有に最適です。
撮影した写真を共有することで、周囲の人々と妊娠期間を一緒に喜び、思い出を作ることができます。

子どもへの特別な贈り物

将来の子どもにとって、マタニティフォトは特別な贈り物となります。
成長した子どもが自分の母親の妊娠中の姿を見ることで、愛情や絆を感じることができるでしょう。

妊婦さんの自信を高める

マタニティフォトは、妊婦さんの自信を高める効果もあります。
美しい写真を見ることで、妊娠期間中の自分自身に自信を持つことができるでしょう。

筆者

筆者

ぜひ、妊娠中の特別な瞬間を記録し大切な思い出を残してみてください。

マタニティフォトのおすすめ撮影時期

マタニティフォトの撮影時期は妊娠7〜9ヶ月くらいがおすすめです。
なぜなら、この時期になるとお腹が目立ってくるため、妊婦さんの美しいおなかの形を撮影することができます。

妊娠中期〜後期の間がベスト

このように、妊娠中期から後期の間がマタニティフォトの最適な撮影時期です。
この時期はお腹のふくらみが程よく、妊婦さんの美しさが最も際立つ時期なので、思い出に残る素敵な写真を撮ることができます。


個人差がありますので、妊婦さんのお腹の出具合や体調に合わせて無理のない撮影を心掛けましょう。

筆者

筆者

私は9ヶ月のときにスタジオで撮影しました。
かなりお腹が大きめだったのでもう少し早く撮影しても良かったなぁ〜と今では思います。

マタニティフォトはどこで撮影するの?

マタニティフォトの撮影場所は、自然の中や特別なロケーションやフォトスタジオなど、いくつかのおすすめスポットがあります。

例えば、公園や庭園、海や山など、自然の美しい景色を背景に撮影するのも素敵です。
また、家族の思い出の場所や特別な場所で撮影することもおすすめです。

天候に左右されずに、クオリティの高いお洒落な撮影が楽しめるフォトスタジオもおすすめでしょう。

以下に、おすすめの撮影場所をまとめていきますのでご参考にされてみてください。

◆撮影スポット

自然豊かな公園や庭園

自然豊かな公園や庭園は、マタニティフォトの撮影場所として最適です。
緑の木々や色とりどりの花々が背景となり、自然の美しさを活かした写真を撮ることができます。

例えば、公園の池や花壇、木陰など、自然の中で妊婦さんの優雅な姿を切り取ることができるでしょう

海や湖畔

海や湖畔も、マタニティフォトの撮影場所として人気があります。
青い空と水面が広がる風景は、妊婦さんの美しさを引き立てるだけでなく、幸せな雰囲気を演出します。

砂浜や岩場での撮影も素敵ですが、安全に注意しながら行いましょう。

街中やアーバンスポット

街中やアーバンスポットも、マタニティフォトの撮影場所としてオススメです。
カフェやレストラン、街角の路地など、都会の雰囲気を活かした写真が撮れます。

また、建物や街並みを背景にした写真は、モダンでおしゃれな雰囲気を演出してくれるでしょう。

家庭の中

家庭の中でも、マタニティフォトの撮影は可能です。
リラックスした雰囲気の中で、家族やペットと一緒に撮影することで、特別な家庭のぬくもりを感じる写真が撮れます。例えば、リビングや寝室、庭など、身近な場所での撮影も素敵です。

◆フォトスタジオ

フォトスタジオでは、白い背景や花の飾りつけなど、シンプルで清潔感のある背景を使用して、妊娠中の女性の美しさを引き立てることができるでしょう。

また、プロのカメラマンが撮影のポーズや表情を指導し、妊婦さんが自然な笑顔や美しいポーズを表現できるようサポートしてくれます。

フォトスタジオでは、妊娠期間の特別な瞬間をより美しく、思い出に残る写真として残すことができるでしょう。

マタニティフォトをフォトスタジオで撮る利点

◆専門的な撮影環境
フォトスタジオでは、専門的な撮影環境が整っています。
プロのカメラマンが光の調節や背景の設定を行い、最高の写真を撮るための環境が整っています。

◆ 快適な撮影空間
フォトスタジオは、快適な撮影空間が提供されます。
室内での撮影なので、天候や外部の騒音の影響を受けずに、妊婦さんがリラックスして撮影に臨むことができます。

◆プロフェッショナルなアドバイスと指導
フォトスタジオでは、プロのカメラマンが撮影にあたり、妊婦さんにアドバイスや指導を行います。
ポーズや表情の指示を受けながら、より美しい写真を撮ることができます。

◆バラエティ豊かな背景やセット
フォトスタジオには、バラエティ豊かな背景やセットが用意されています。季節やテーマに合わせて選べる背景や、特別なセットを使って、個性的で思い出に残る写真を撮ることができます。

◆オプションサービスの提供
フォトスタジオでは、さまざまなオプションサービスが提供されます。
ヘアメイクや衣装のレンタルなど、さまざまなサービスを利用することで、より華やかな写真を撮ることができます。

これらがマタニティフォトのおすすめ撮影場所です。

自然豊かな場所から街中や家庭の中、フォトスタジオなど、さまざまな場所で思い出に残る素敵な写真を撮ることができます。

妊婦さんの体調を第一に考えて撮影場所を決めましょう。

筆者

筆者

我が家は、天候に左右されないフォトスタジオで撮影しました。
自分のイメージや好みに合わせて決めていきましょう。

マタニティフォトのおすすめ衣装

マタニティフォトの撮影には、妊婦さんの魅力を引き立てることができるおしゃれな衣装を選ぶことも大切です。マタニティウェアやドレス、優雅なマキシドレスなど、お腹の形を美しくみせてくれるマタニティ衣装があります。

以下に、マタニティフォトの撮影におすすめの衣装をいくつか紹介します。

◆ フローラル柄のマキシドレス

フローラル柄のマキシドレスは、妊娠中の女性にとって人気のある選択肢の一つです。

柔らかい色合いの花柄が、妊婦さんの優しさや女性らしさを引き立てます。
また、長めの丈がお腹周りを包み込み、妊娠中の体型を美しく見せてくれるでしょう。

レースのトップスとスカー

レースのトップスとスカートのセットは、上品で優雅な印象を与えます。

透け感のあるレースが、妊婦さんの肌を美しく見せ、女性らしい雰囲気を演出します。
特に、肩や腕が透けるデザインは、優美さを際立たせることができます。

◆オールインワンのマタニティドレス

オールインワンのマタニティドレスは、1枚でコーディネートが完成する便利なアイテムです。
特に、ウエストがゴム仕様のデザインは、妊婦さんのお腹の成長に柔軟に対応し、快適な着心地を提供します。

さまざまなデザインやカラーがあり、自分らしいスタイルを見つけることができるでしょう。

シンプルなワンピース

シンプルなデザインのワンピースも、マタニティフォトにはぴったりです。

無地やストライプ柄などのシンプルなデザインは、妊娠中の体型をすっきりと見せてくれます。
また、アクセサリーや小物を合わせることで、自分らしいアレンジが楽しめます。

その他のおすすめ

◆ゆったりとしたトップスとパンツ
◆ボディコンタイプのドレス
◆カーディガンやショール
◆レースやフリルの付いたトップス

以上が、マタニティフォトのおすすめの衣装です。

妊婦さんの美しさを引き立てる素敵な衣装を選んで、特別な瞬間を素敵な思い出として残しましょう。

マタニティフォトのおすすめアイテム

マタニティフォトの撮影には、さまざまなフォトアイテムを活用することができます。

例えば、ママのお腹に手を当ててハート型のアイテムや、赤ちゃんの名前やメッセージを書くためのボード、花冠やヘッドドレスなどの小物、ハートのおもちゃや靴など、赤ちゃんの存在感を演出するアイテムがあります。

タニティフォトの撮影におすすめのフォトアイテムは、以下のようなものです。

◆ベビーシューズやおくるみ

ベビーシューズやおくるみは、可愛らしさと温かみを加えることができるアイテムです。

ベビーシューズやおくるみを使うと、赤ちゃんの到来を祝福し、撮影時の雰囲気をほのぼのとしたものにしてくれるでしょう。これらの小さなアイテムは、赤ちゃんの可愛らしさや愛らしさを引き立て、撮影の雰囲気を暖かくするのに役立ちます。

これらは、赤ちゃんの成長を感じさせるアイテムなので、撮影時に使用することで、赤ちゃんが生まれてくるという喜びをより実感し、その準備を楽しむこともできるでしょう。

赤ちゃんのベビーシューズやおくるみは、写真に深みを与え、親子の絆や愛情を表現するのに最適なアイテムです。

撮影時に、赤ちゃんのベビーシューズやおくるみをぜひ取り入れてみてください。

◆赤ちゃんのエコー写真

赤ちゃんのエコー写真は、マタニティフォトに感動と喜びを与える素晴らしいアイテムの一つです。

エコー写真は、赤ちゃんの成長過程を可視化することができるので、妊婦さんがおなかの中の赤ちゃんの存在をよりリアルに実感しながら、愛情を感じることができるばかりでなく、撮影時の雰囲気をより特別なものにしてくれます。

赤ちゃんのかわいらしい小さな手足の形が、写真に感動を与え、妊婦さんと家族に喜びをもたらしてくれるでしょう。

マタニティフォトにエコー写真を配置することで、家族の絆や未来への期待を表現することができます。また、赤ちゃんの存在を視覚的に表現することで、妊婦さんと家族に特別な思い出を残してくれるのです。

撮影の雰囲気をより豊かにするために、赤ちゃんのエコー写真を活用してみてください。

◆花冠やヘッドドレス

花冠やヘッドドレスは、特別な魅力を加える素敵な装飾アイテムのひとつです。

花冠やヘッドドレスを撮影に使用すれば、妊婦の美しさと妊娠期間の祝福を表現することができるでしょう。

これらのアクセサリーは、頭に優雅な花や装飾品を飾り、マタニティフォトの雰囲気を一層華やかに演出してくれるのです。

花冠やヘッドドレスは、通常、柔らかくて軽い素材で作られており、お母さんの頭に優しくフィットします。
花やリーフ、リボンなどのデザインが施され、色や形もさまざまなバリエーションが用意されています。

また、撮影のテーマや季節に合わせて選ぶといいでしょう。
例えば、春や夏には鮮やかな花々をあしらったものが人気で、秋や冬には季節感を感じさせる色やデザインが選ばれます。

このアクセサリーを取り入れることで、撮影は一層素晴らしいものになるでしょう。

花冠やヘッドドレスを身に着けた妊婦さんは、優雅さと美しさを演出し、マタニティフォトに特別な雰囲気を与えてくれます。

◆お腹に絵を描くボディペイントセット

お腹に絵を描くためのボディペイントは、特別な思い出を生み出す素敵なアイテムのひとつです。

お腹へのボディペイントは、マタニティフォトに個性と芸術性を加え、お母さんのお腹に赤ちゃんへの愛情や期待を表現することができます。

ボディペイントは、優しい素材でできており、お母さんのお腹に安全に塗ることができます。

ボディペイントを使って、お腹に描かれた絵は、赤ちゃんへの思いを視覚的に表現し、撮影の雰囲気を一層特別なものにしてくれます。

その他のおすすめ

◆赤ちゃんの衣装や小道具
◆プレゼントやおもちゃなどの小物
◆マタニティウェアの小物(帽子やリボンなど)
◆お腹に赤ちゃんの名前やメッセージを書くためのボード
◆バルーンや風船

筆者

筆者

我が家は赤ちゃんのエコー写真をフォトアルバムの横に添えてもらいました。お腹の中にいた当時を思い出すアイテムは今見ると泣けてくる・・っ!

おすすめの撮影ポーズ

マタニティフォトの撮影ポーズには、様々なバリエーションがあります。
耳を傾けるポーズや、全員でハートの形を作るポーズも素敵です。

マタニティフォトの撮影でおすすめのポーズは、以下のようなものです。

◆お腹を抱えるポーズ

マタニティフォトの撮影におすすめのポーズはいくつかありますが、その中でも特に人気なのが「お腹を抱えるポーズ」です。

このポーズは、お母さんが妊娠中のお腹を優しく抱えるようなポーズで、愛情と幸せを感じさせる姿を表現しています。

お母さんの手がお腹を包み込むように配置されることで、お腹の存在を強調し、赤ちゃんへの愛情や絆を表現することができるのです。

また、このポーズは撮影の場所や環境によってバリエーションを持たせることができます。
例えば、自然の中で撮影する場合は、お母さんが木の下で座ったり、花畑の中で立ったりすると、より自然で美しい雰囲気を演出することができます。

このような「お腹を抱えるポーズ」は、マタニティフォトを撮影する際に特におすすめのポーズの一つです。

◆お腹を強調する横むきのポーズ

マタニティフォトでのおすすめポーズのひとつに、サイドビューのポーズがあります。

このポーズでは、横から見たお腹の形が美しく映え、妊娠の美しさや母性を感じさせるマタニティラインが強調されます。特に、妊娠中の体の変化やお腹の大きさを強調するのに適しています。

また、背景の景色や環境を生かして、自然な雰囲気を演出することもできるでしょう。

横むきのポーズは、お腹の形や妊娠の美しさを引き立てるだけでなく、お母さんの自然な表情や姿勢も重要です。

リラックスした表情や自然なポーズを心がけることで、より魅力的な写真を撮ることができるでしょう。

横むきのポーズは、マタニティラインが強調されるので、お母さんの美しさと妊娠の喜びを表現するのに最適です。

その他のおすすめ

◆自然体で歩くポーズ
◆座ってお腹を撫でるポーズ
◆自分を包み込むように腕を組むポーズ
◆仰向けに寝転がるポーズ

パパと一緒に撮るのもおすすめ

マタニティフォトでは、パートナーと一緒に撮影することもおすすめです。
パパとの絆や家族の絆を写真に残すことで、より思い出深い作品となります。

パパと一緒にマタニティフォトを撮るメリット

パパと一緒にマタニティフォトを撮ることには、以下のような素晴らしいメリットがあります。

家族の絆を深める

パパと一緒にマタニティフォトを撮ることで、家族の絆が深まります。
特にパパの参加は、家族の一体感を高め、将来の子どもへの愛情やサポートの意志を表すことができるでしょう。

大切な思い出を共有

パパと一緒に撮影したマタニティフォトは、家族の宝物となります。
将来、子どもが成長する際に、パパと一緒に写った写真を見ることで、幸せな家族の思い出を共有することができるでしょう。

パパの愛情を記録

マタニティフォトにパパが参加することにより、パパの愛情や優しさが写真に残されます。
これらの写真を見ることで、子どもは自分を取り巻く家族の愛情を感じることができ、安心して成長することができるでしょう。

パパの参加が喜びを倍増

妊婦さんにとって、パパが一緒に撮影に参加することは喜びを倍増させます。
パパと一緒に写ることで、妊娠中の特別な瞬間をより深く感じ、楽しい思い出として残るでしょう。

家族の成長の一部を記録

マタニティフォトには、家族の成長の一部が記録されます。
パパと一緒に写ることで、将来の子どもが自分の誕生前の姿を見ることができ、家族の歴史と成長を感じることができるでしょう。

以上が、パパと一緒にマタニティフォトを撮るメリットです。
家族全体の絆を深め、大切な思い出を共有することで、幸せな家族の絆を築くことができます。

パパや子どもと一緒に撮影するときのおすすめポーズ

家族でマタニティフォト を一緒に撮ることにより、手を繋ぐポーズやママのお腹にキスするポーズ、手をお腹にあてたポーズなど、さまざまなポーズで撮影することができます。

これらのポーズを取り入れることにより、お子さんと家族の絆を写真に残すことができるでしょう。

以下に、パパや子どもと一緒に撮る場合のおすすめの撮影ポーズを詳しくご紹介しています。

◆パパがママの背後に立ち、ママのお腹を抱えるポーズ

パパがママの背後に立ち、ママのお腹を抱えるポーズは、愛情とサポートを表現してくれます。

このポーズでは、パパが優しくママの後ろに立ち、両手でママのお腹をやさしく抱えます。
この姿勢は、パパのサポートや愛情を感じさせ、ママが安心している様子が伝わってくるでしょう。

ママは前を向いて笑顔を見せることで、幸せな家族の一場面を表現してくれるはずです。

このポーズを撮影する際には、パパがママの背後に立つ位置や手の位置を調整し、安定感や優しさを表現することが重要です。また、ママの笑顔や表情が自然でリラックスしていることもポイントです。

このようなポーズは、家族の絆や愛情を感じさせる素敵な写真を撮影することができます。

パパのサポートとママの幸せが溢れる一瞬を捉えることで、思い出に残る特別な写真となるでしょう。

◆ママのお腹の前で手でハートを作るポーズ

マタニティフォトのおすすめポーズの一つに、ママとパパがママのお腹の前で手でハートを作るポーズがあります。このポーズは、赤ちゃんへの愛情と家族の絆を表現する素敵な方法です。

このポーズを撮影する際は、まずママがリラックスして立ち、お腹の前に手を出します。
そして、パパもママの隣に立ち、自分の手をママの手に合わせます。
こうして二人の手が組まれ、ハートの形が作られるのです。

このポーズは、ママとパパの愛情が赤ちゃんに届くように願いを込めています。
また、家族の一体感や絆を感じさせるポーズでもあり、写真に写るのは単なる手の形ではなく、家族の絆と愛情が込められた特別な瞬間です。

このポーズを撮影するときは、笑顔や優しい表情を心がけて、お互いの幸せを感じるようにしましょう。
赤ちゃんが生まれる前から家族の絆や愛情が感じられる素敵な一枚になります。

◆横並びに座るポーズ

マタニティフォトでママとパパが横並びに座るポーズは、家族の絆や幸せを感じさせる素敵なシーンです。

お腹を一緒に触ったり、赤ちゃんの小物を2人で持ったりすることで、赤ちゃんへの愛情や期待を表現できるでしょう。また、横並びに座ることでお互いの絆を強調し、家族の一体感や協力関係を感じさせます。

このポーズを撮影する際には、座る位置や姿勢、笑顔の表情などを調整して、自然でリラックスした雰囲気を演出しましょう。また、背景やライティングも考慮し、全体の雰囲気を整えることが大切です。

横並びに座るポーズは、ママとパパの絆を強調し、家族全体の幸せを感じさせる素敵な写真を撮影することができるでしょう。

◆ママのお腹にキスするポーズ

マタニティフォトでおすすめのポーズのひとつは、パパや子どもがママのお腹にキスするポーズです。
このポーズは愛情や絆を表現する素敵な方法です。

このポーズを撮影する際は、まずママがリラックスした状態でパパや子どもはママのお腹に向かってゆっくりとキスをすることで、赤ちゃんへの愛情や期待を表現してくれます。

このポーズはとても感動的であり、家族の絆や幸せを感じさせる素敵な写真に仕上がるでしょう。
写真に写るのはただのキスではなく、家族の愛情深い瞬間が切り取られます。

これは将来の思い出としても特別なものになるでしょう。

フォトの注意点

マタニティフォトの撮影に関しては、いくつかの注意点もあります。

まず、妊婦さんの体調に合わせて無理のない撮影を心掛けましょう。
また、プロのカメラマンに依頼することや、安全な撮影場所や道具の使用にも注意しましょう。

撮影前に事前にご相談や打ち合わせをすることが大切です。
また、撮影に必要なアイテムや衣装の準備を忘れないようにしましょう。

以下に、マタニティフォトを撮影する際の具体的な注意点について説明します。

ポーズや衣装はママの快適さを優先しよう

ママが不快に感じるポーズや衣装は避け、体調や気分に合わせて適切なポーズや衣装を選ぶことが大切です。

撮影場所は安全で快適な場所を選ぼう

ママが安心して撮影に臨める場所を選びます。屋内や屋外など、環境に合わせた場所を選びましょう。

ポーズや表情は自然でリラックスしたものを心がけよう

強制されたポーズや表情は写真に不自然さを与えるため、ママがリラックスして自然な笑顔や表情を心がけることが大切です。

撮影の日程はママのコンディションを考慮し、疲れやストレスがない日を選ぼう

ママの体調やスケジュールを十分に考慮し、撮影に臨む日程を決めましょう。
疲れやストレスがない日を選ぶことが大切です。

撮影前にじっくりと休息を取っておこう

撮影前には十分な休息を取り、体力と精神力を整えます。
リラックスした状態で撮影に臨むことができるようにしましょう。

撮影中はゆっくりとしたペースで行おう

撮影中は急いだりせず、ママのペースに合わせてゆっくりと進めます。
無理なくリラックスした雰囲気で撮影を行いましょう。

フォトグラファーとのコミュニケーションを大切にしよう

撮影前にフォトグラファーとの打ち合わせを丁寧に行い、希望や要望を伝えます。
撮影中もコミュニケーションを取りながら、良い写真が撮影できるようにしましょう。

衣装やメイクはシンプルで明るい色を選ぼう

衣装やメイクは明るい色合いやシンプルなデザインを選ぶのがおすすめです。
明るい色はポジティブな雰囲気を演出し、写真全体を華やかにします。

ママがリラックスできるように、撮影に参加する家族のサポートが必要

ママがリラックスして撮影に臨めるよう、家族全員がサポートし合いましょう。
家族の温かい雰囲気が写真にも表れます。

撮影後は十分な休息をとり、ママの体調を優先する。

撮影後はママが疲れを感じている場合は、十分な休息を取ります。
ママの体調を最優先し、無理をせずリラックスした時間を過ごしましょう。

以上の注意点に考慮しながら、快適なマタニティフォトを撮影してみてください。

さいごに

今回は妊娠期の大切なイベント『マタニティフォト』について詳しく紹介させていただきました。

マタニティフォトの魅力やメリットはご理解いただけたでしょうか?

今回ご紹介したおすすめの撮影場所やアイテム、ポーズや衣装などをご参考に、妊娠期の大切な思い出を写真に残すためのマタニティフォト撮影をされてみてください。

赤ちゃんが自分は愛されて、待ち望んで生まれてくるのだと感じることが出来る素敵な時間として過ごしましょう。

筆者

筆者

将来子どもに見せたり、家族で振り返ったりすることで、思い出として共有できるマタニティフォトをぜひ撮影してみてくださいね。



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA